世界最古の球技スポールブールとは

【お問い合わせ先】

boulesjapon@gmail.com

豊田宛

【フェイスブック】
スポールブール日本のフェイスブック

【歴史】
ボールを目標球に近づけること自体は、原始的な発想であり、古代エジプトや古代ギリシャの文献によりスポールブールの原型は約5000年前まで遡ると考えられており、それゆえ世界で最も古い球技の一つという説がある。当時は石を研磨したボールが用いられていた。古代ギリシャではスファエラ(球形の意味)と呼ばれる球技が行われていたことが文献で示されている。古代ローマでもカラカラ寺院等には、今のスポールブールと同じようにボールを投げている人や、得点を測定している人のフレスコ画が残っている。中世においてもラブレーやディドロ、スペインの画家ゴヤなどもスポールブールで楽しんでいたとの記録がある。

【ルールブック】

スポールブールのルールブックはこちら

【道具】
利用するのは1キロ程の真鍮ボール。

ソフトボールぐらいの大きさ。

投げるのに力は必要御座いません。

top3

【スポールブールの基本技術】
①スポールブールの魅力は技術がシンプル。

(1)相手よりボールを転がして近づける技術

tokyofm9

(2)ボールを投げて目的球に当てる技術

201607171

※写真は共同通信様提供

必要な技術はボールを転がす、ボールを投げる二種類のみ

ルール、技術はシンプルだが競う内容は深い。

【種目】
②種目は各自の適正に合わせて選べます。

(1)プログレッシブ
5分間でボールを何球目的球に当てられるかを競う。

tirprogressif-480x360

 

正確な反復力と持久力を競う

・同じペースで、いかに早く、いかに正確にボールを投げれるか。

【陸上(中距離)、野球、ソフトボール、ハンドボール、バスケットボールの経験者に特に向いている種目】

(2)ラピット
二人が四球つづ交代しながら5分間でボールを何球目的球に当てられるかを競う。

○プログレッシブよりもより早いスピード(全力疾走)が求められ、味方が四球投げている間に(約25秒)いかに体力と集中力を整えられるか。

(3)プレシジュン
それぞれ難易度が違う11球のターゲットにボールを投げて当てた得点を競う種目。
点数は難易度に応じて1点から5点

○高度な精密力と集中力を競う種目

心のブレが許されない、いかに自分を集中させる事ができるか。まさに心技体。

【ジャクラー、バスケットボール、野球、ソフトボール、ハンドボール経験者が向いている種目】

(4)コンビネ
16球ボールを転がして目的球の70cm内に何球いったか、また16球ボールを投げて何球当たったかを競う種目。計32球。

○基礎的な精密力と二技術の総合力、戦略を競う

相手の実力と自分の実力を比較
いかに相手の苦手の距離に目的球を置き、
いかに自分の苦手の距離をなくし、
いかに相手にチャンスを与えずにチャンスを物にするか。一球一球の積み重ねだが勝負所でいかに相手を引き離すか。

【ある程度を投げる技術があり相手との駆け引を経験した事がある種目の方に向いてます。】

(5)シングル
1対1で四球1ゲームとし、ボールを転がして相手より何球自分のボールが目的球に近いかを競う種目。
合計13点取るまでゲームを繰り返す。
転がすだけでなく自分のボールを投げ相手のボールを弾き飛ばす事もできる。

○より高度な戦略と高度な技術が求められる種目

(相手と自分の技術力、球数、残り時間、相手と自分の調子、相手と自分の長短所や性格、心理、地面状況を瞬時に判断し戦術を決める。)

いかに相手より何球先を何通りも考えているか。
またその戦略を実行できる技術力が必要となる。

【ボールを投げる球技経験があれば望ましいがチェスや将棋、カーリング等の頭脳も生かせる種目。しかし技術があって戦略を立てる事ができる。】

(6)ダブルス
2対2で一人3球づつで競う。
ルールはシングルと同様。

○シングルよりも複雑な戦略と精密力を競う。チームワークも重要。

(シングルと同等だが相手の役割、自分の役割を認識して果たす事が必要となる。時には役割を交代したり、相手の役割にまで踏み込む必要がある。)

ボールを近づけるよりはいかに自分のボールを残すかを競うイメージ。

(7)トリプルス、フォアーズもあります。

さあスポールブールでオリンピックを目指しましょう。プログレッシブ、ラピット以外は何歳からでも世界と勝負できますよ

【全種目行うクラブ選手権】